施工事例

社寺仏閣 の一覧

2014年09月25日

止止呂支比売命(とどろきひめのみこと)神社改修工事をいたしました。

BEFORE
BEFORE
→
AFTER
AFTER
タイトル 止止呂支比売命(とどろきひめのみこと)神社改修工事
所在地 大阪府大阪市住吉区
施工時期

2014年3月~6月

神社周囲の古い玉垣180本を解体し、新規玉垣250本を施工しました。
神社内稲荷社の玉垣を新しくし、古い玉垣を利用し床を改修しました。
古い石を捨てることなく再利用したことで大変喜んでいただきました。

BEFORE
BEFORE
→
AFTER
AFTER

2014年09月20日

牧落八幡大神宮改修工事をいたしました。

BEFORE
BEFORE
→
AFTER
AFTER
タイトル 牧落八幡大神宮
所在地 大阪府箕面市牧落
施工時期 2012年4月~9月
神社周囲の古い玉垣200本を解体し、新規の玉垣を300本施工しました。(写真1段め)
参道の石貼り拡張工事。本殿前の床を、解体した玉垣石を砂利にして埋めました。(写真2段め)また、水が溜まりやすかった敷地内に透水管を入れ水はけを良くしました。(写真3段め)
本殿前の床工事では、解体した玉垣石を捨てずに再利用したことで、非常に喜んでいただきました。
BEFORE
BEFORE
→
AFTER
AFTER
BEFORE
BEFORE
→
AFTER
AFTER

2010年10月21日

京都市 養蓮寺 石貼工事

PHOTO
三方枠石貼 スロープの新設
タイトル 養蓮寺 石貼工事
所在地 京都市
施工時期 2010年7月

エレベーターの三方枠の石貼工事をしました。石種はインパラブラックです。

このエレベータの乗り降りには、3段程度の階段を通らなければならず、バリアフリーにするため、脇にスロープを新設しました。使用した石は三方枠と同じ、インパラブラックです。

2010年10月21日

八尾市 住吉神社 玉垣改修工事

BEFORE
八尾 住吉神社 玉垣改修工事前
→
AFTER
八尾 住吉神社 玉垣改修工事後
BEFORE
八尾 住吉神社 玉垣改修工事前
→
AFTER
八尾 住吉神社 玉垣改修工事後
タイトル 住吉神社 玉垣改修工事
所在地 八尾市内
施工時期 2010年3月

境内に新しい建物が建ったため、境内側から文字が見えない玉垣ができました。その部分の玉垣を据えなおして、道路側から文字が見えるようにしました。(写真上段)

また、樹木の成長に影響され、根っこに埋もれ、ゆがんでいる玉垣を据えなおしました。(写真下段)

2010年07月23日

春日神社(東大阪 吉田)鳥居工事

春日神社の鳥居の移設と新規工事をさせていただきました。

各部材

左上:沓石(くついし)束石(つかいしとも呼びます。)柱の土台部分。
     亀腹(上部の丸い部分を、亀腹や饅頭と呼びます。)
    前以って基礎工事は済んでいて、既に地中に埋まっている状態です。

右上:2本の柱です。

左下:「額(神額)」です。取り付ける場所を額束と呼びます。

右下:鳥居の最上部反り増し(増反)のあるタイプで、一番上を「笠木」、その下を「島木」と呼
     びます。


 柱

予め地中にコンクリートの基礎を組み、土台部分である沓石(束石)は、
地上に露出している倍以上、埋め込まれ基礎と繋がっています。

そこに足場を組んで、柱2本を立てています。迫力ある工事風景です。


貫と笠木と島木

2本の柱に「貫」を通して、柱の上部を内に寄せ「転び」と呼ばれる角度をつけます。
「楔(くさび)」で留めます。
そして、最上部に笠木・島木をはめ込み、額(神額)を挟むように取り付けます。


 完成&鳥居の各部名称

完成です。

今までの鳥居では、毎年10月に行われるふとん太鼓とだんじりの宮出の際、
低くて、通れなかったそうです。 
そこで地域の皆さんのご協力のもと、既設の鳥居を移設し、新しく大きな鳥居を設置することになりました。 

今年の秋祭りには、ふとん太鼓やだんじりがこの大きな鳥居を潜り、勇ましく宮出する風景が見られそうです。


【春日神社について】・・・東大阪市吉田・・・
本殿は東大阪市の有形文化財に指定されています。
木製の大きなラグビーボールが奉納されており、別名ラグビー神社とも呼ばれています。

【鳥居の各部分名称のご紹介】
鳥居にはたくさんのタイプ(形状)があります。春日神社の鳥居は「明神鳥居」と呼ばれるタイプです。
各部分の名称は、ほぼ統一されているようです。イラストで一部ご紹介いたします。

2010年04月30日

乃木神社の玉垣工事をいたしました。

 

乃木神社の玉垣工事をいたしました。現状建っていた玉垣が、崩れそうになっており、すべての玉垣を一度取ってしまい、基礎をしっかりした上に、再度施工しました。見た目にも綺麗になりました。
玉垣工事その1

【上下の画像の工事について】既存の玉垣 129本を 一度 解体し、玉垣の下の地覆石も取ってしまい、基礎をしっかりした上で、玉垣を再施工しました。
地覆石は今回工事には使用しておらず、境内の邪魔にならないところに保管。
次回参道の工事で使用予定です!
玉垣工事その2

勝手口付近。門扉も古くなっていたので、新しい門扉で施工。
このように、石だけでなく、門扉なども既製品の物であれば、手配できます。
玉垣工事その3

2010年04月23日

乃木神社の記念碑を建てました。

PHOTO
施行事例
施行事例
タイトル 乃木神社 記念碑建碑
所在地 京都府
施工時期 2010年4月
創建百周年記念事業に於いて、乃木神社の直筆より転写した石碑です。
年末に根っこ掘りを行って、整地した場所に建っています。

2010年01月15日

幸せに成り鯛 Part.II

PHOTO
幸せになり+たい 幸せに成り
新聞記事 勝ちま栗
タイトル 幸せに成り鯛 奉納
所在地 京都市 伏見区
施工時期 2009年10月

 以前「勝ちま栗」の御神体・祠・御神水(写真右下)でお世話になった、乃木神社奉賛会員の山県氏と岩峪氏の両名から、石で鯛を作って文字は「幸せに成り」を彫刻して欲しい旨の依頼をいただきました。

 きっかけは、経済の不況と政治の不安定で、閉塞感のある世の中を嘆かれ、地元東大阪<大阪<日本<世界<地球すべての人々が、そして自分も「幸せになりたい」と願って、この鯛を奉納されました。

 石の石種は赤御影石で大きさは長さ90cm・高さ60cm・重さ(鯛重)約180kgです。
京都新聞より取材があり、2009年4月27日号に掲載された記事が、左下の写真です。

その時のTOPICSはこちらをご覧ください。

2009年08月21日

春日神社  玉垣建設工事完成しました

基礎コンクリート打つ為掘っています。
ユンボを操る景山課長
→
西面完成です。
美しく変身
地面を均しています
ユンボ作業中
→
北面完成です。
きれいな目隠し
北面工事前
BEFORE
→
北面完成
AFTER
西面工事前
BEFORE
→
西面完成
AFTER
西面工事前
BEFORE
→
西面工事完成
AFTER
北面工事前
BEFORE
→
北面工事完成
AFTER
足元ケンチ石積み中です
BEFORE
→
完成です。
AFTER
文字に色を入れています
文字に色を入れる作業をしています
→
上の写真のアップです
大阪工業株式会社
タイトル 春日神社  玉垣建設工事
所在地 東大阪
施工時期 2009年7月
春日神社は東大阪の吉田にあり、本殿が有形文化財に指定されております。
今回本殿の修復工事の為集められた寄付者の為に北側、西側道路沿いの
フェンスを取除き玉垣建設工事をする事になり、H21年5月12日から約2ヶ月半
ほどかかり、7月28日にやっと完成しました。
玉垣の本数が213本で、総メートル数は70メートル石材総重量は53.5トン使用しました。
文字を1本、1本確認するのにたいへん労力を使いました。
同じ東大阪でこんなに偉大な仕事をお手伝いできた事を幸せに思っています。

2009年02月11日

往生院 六万寺の石張り工事

PHOTO

往生院 六万寺の石張り通路アップ

往生院 六万寺の石張り通路

タイトル 往生院 六万寺の石張り工事
所在地 往生院 六万寺
施工時期  
お寺様のご依頼により、仁王門向かって右手の旗立までの通路を石張りで工事させていただきました。
仁王門に対して通路が左右対称になり、綺麗に仕上げることができました。
使用した板石は、厚み45mmのものと90mmの2種類あり、重量は軽いもので120kg、一番重いもので220kgもありましたが、腕のよい職人さんたちの手により、無事完成させることができました。

2008年02月02日

中食満神社 玉垣新設

BEFORE
中食満神社
→
AFTER
中食満神社
タイトル 中食満神社 玉垣新設
所在地 尼崎市食満5丁目
施工時期 2007年8月
中食満(なかけま)神社は、尼崎市食満5丁目にあります。

平成18年11月頃:玉垣新設の見積もり依頼を頂く
平成19年5月初旬:受注を承る
平成19年8月下旬:竣工

印象的だったのは見積依頼から受注を頂くまでのやり取りの中で、ご依頼主である「中食満神社総代」の沖田様が無口な方で、依頼の内容以外の話をなさらないことでした。
世間話には全く反応がなく、正直言って「変わった人だなぁ...」と思っていました。ところが受注を頂いてからは、人が変わったように話し出してくださり、不思議に思って訊ねてみると、5社に『合い見積』を取っていたため、特定の相手と親しくならないように気遣ってのことだったと判明!「なんという、公明正大な!!さすが総代であります。」と納得納得!!

中食満神社 中食満神社 木の伐採

▲工事前の中食満神社は、木で周りを囲い、外部からの侵入者を防いでいました。作業はまず、木の伐採から始まりました。

▼ 写真左:安全祈願祭(竣工前)       ▼写真右:竣工式を終えての記念撮影
安全祈願祭 竣工式後

2008年02月02日

射楯兵主(いたてひょうず)神社 総社門復元工事

PHOTO
射楯兵主神社総社門 射楯兵主神社売り場

タイトル 射楯兵主(いたてひょうず)神社 総社門復元工事
所在地 姫路市総社本町130地先
施工時期 2006年10月
施工箇所:床、売り場カウンター
石種:御影石(G603)

とっても大きい門でびっくりです!こんな立派な門は初めてみました。神社の敷地はとっても広く、結婚式場もあります。
神社にあわせて道路や公園が整備されています。姫路は新しいものと古いものが融合されていて、とても美しい街です。きっと行政のチカラが大きいのでしょう。街の美しさ、私達も見習っていきたいです。

こちらの床や売り場カウンターなどを石工事させて頂きました。