暮らしの中の石(石製品紹介)

2008年02月23日

俳句と石

俳人 朝妻 力先生のご注文で、石に俳句を彫刻し、置物になりました。

 

水あれば 水覗きこみ 野に遊ぶ俳句と石

季語は野遊びで春。

3月中旬、東大阪むろいけ遠地に吟行した祈りの一句。
芽吹いた木の芽を仰ぎ、獣道を伝い、小川があれば覗き込み・・・・。

菖蒲が角組み、蛙の卵が膨らんでおりました。

  

 俳句と石

盆唄や 夜は三味弾く 刀鍛治

越中八尾、風の盆での作品。

毎年九月一日から三日まで行われる優美な盆踊り。
刀鍛治は上新町の大西さん。
本業は鍛治ですが、三味線の名手としても知られております。

 


朝妻 力(あさつま りき)様 ご紹介

新潟県 出身
俳句結社「雲の峰」主宰
「春耕」同人会副会長・関西支部長
(社)俳人協会幹事、大阪俳句史研究会理事、
大阪俳人クラブ常任理事
著 句集「晩稲田」「兵庫ゆかりの俳人たち」(共著)「新京都吟行案内」(共編)

営業担当 岩重 昌人