墓地・霊園選びのポイント

お墓の場所、どこにする?

みなさまはお墓の場所、どのように選びますか?
お墓をつくって納骨したらそれで終わり、ではありません。家族や親戚が気軽に楽しくお墓参りできる、そんな墓地・霊園選びが重要です。

立地
いつでも、誰でも、お参りに行きやすい立地が何より。

将来にわたって家族がお墓参りすることを考慮して、慎重に場所を選ぶ必要があります。
電車・バス・車など交通手段を踏まえた交通の便や墓地までの距離など、様々な条件を検討しておきましょう。
墓地は何度となく訪れる場所ですから、お墓参りや法要にあたって家族や親戚が訪れやすい場所であることも重要です。

環境
ご先祖様もお参りに行く人も、心安らぐ環境を。

故人を思いやり、ゆかりのあった静かな場所、幼少期を過ごした自然豊かな場所、大好きだった海が見える場所など、環境にこだわることはとても大切です。
また、墓地内や墓地周辺の環境も大切です。緑が多いか、日当たりはどうか、騒音は激しくないかなど、見学してチェックしてみましょう。

設備
手ぶらで気軽にお参りできる設備があると助かります。

墓地に最低限必要な設備は、水汲み場(水道施設)です。その他、管理事務所や休憩所、法要設備、トイレ、線香や生花の売店などが揃っていると便利です。もちろんすべてが整っている墓地はほとんどありませんが、設備の有無はお墓参りをする人にとって重要なポイントですので、事前に確認しておきましょう。

管理体制・整備状況
先祖代々のお墓を安心して任せられますか?

墓地内の共用部分の清掃状況や水はけ、植え込みなどの手入れ、スタッフの対応などの管理体制もチェックしておきましょう。また、墓地の管理主体も確認しましょう。管理が行き届いているように見えても、将来にわたって安心できるかは管理主体によっても判断ができます。管理主体には主に「自治体」「寺院」「一般企業」等があります。ただし一般企業はお寺の名義を借りている場合がほとんどです。

価格
気になる費用。最初にきちんと確認を。

お墓を建てる際には、墓地に支払う「永代使用料」「墓地管理費」や石材店に支払う「墓石代金」など、さまざまな費用がかかります。事前に管理事務所や石材店に確認し、総額を出してよく検討することが重要です。

宗旨・宗派
宗派によって利用できる霊園が限定される場合も。

墓地によっては宗旨・宗派が限定され、受け入れてもらえない場合もあります。基本的に公営墓地や民営墓地は宗旨・宗派を問いませんが、寺院墓地は同じ宗旨・宗派に限ることもあります。


一番よいお墓を選びたい!どうすればいい?

墓地・霊園選びからお墓の完成まで、信頼できる石屋さんにトータルに相談しましょう!