社長ブログ

大阪石材株式会社 伯井です。

フィード

RSS 1.0

2017年06月14日

鐘を撞(つ)くが如し

「鐘を撞くが如し」は礼記の中にある言葉である。
誰でも知ってるように、鐘は小さく撞けば小さい音がし、大きく撞けば大きい音が鳴る。
坂本竜馬が勝海舟に西郷隆盛さんとはどんな人物かを尋ねた時の答えが、
「鐘を撞くが如し」という言葉であった。

竜馬は後に「西郷さんに会ったとき鐘を撞くのに私は小さくしか撞けなかった」と述懐してる。
さて高知の下級武士だった竜馬は新しい時代の幕開けに東奔西走した男には違いない。

彼らを支えた思想的人物に王陽明がいる。
謙虚の反対の「傲慢」の傲は大病だと言い切る。

王陽明の「伝習録」に「人生の大病はただこれ一(いつ)に傲の字なり」と断言してる。
「傲」は自分の能力や才能を鼻にかけて人を見下す事だ。
具体的な日常の人間関係で「傲」はどんな態度になるか明快に解いている。

「子となって傲なれば不孝。臣となって傲なれば必ず不忠。
父となって傲なれば必ず不慈。友となって傲なれば必ず不信。」

王陽明はこの「傲」にならないようにするには「無我」になれと諭す。
無我=胸中に何者もとどめない境地の意味、生まれながらの心とも言える。

誰でも簡単に無我になれませんが、
王陽明は無我になったら人間はどうなるかまで書き記してる。

「無我になれば自ずから能く謙なり。謙は衆善の基にして、傲は衆悪の魁(さきがけ)なり」
無我になると人間は感謝を忘れず謙虚になり、
逆に無我になれなかったら独善的で教条的で狭量な悪い人間の魁となるというのである。

「動機善私心無かりし」と事業をやる心の立ち位置、姿勢を私心なしの無我にすること
と言われたのは、京セラの会長稲盛和夫さんだ。

稲盛さんは世の中や他人に役に立つ利他行を率先しておこなう事で、
具体的に社会に役立ち、同時に自分の本能や利己心を少しでも小さくできる心が養われると説く。
一生懸命仕事すると「万病に効く薬」であり、
末来の自分の道が自ずと開け具体的に切り開けるとおっしゃる。

武者小路実篤の言葉に「我以外皆師」という言葉がある。
誰からもどんな出来事からも学ぶ姿勢で、
大きく鐘を撞くようにすれば、仕事も自分の徳も磨けることは間違いない。

皆さんはいろんな人や出来事を大きく撞いてますか?

2017年06月11日

意志と縁について

自主独立するのが大人になることだ。
社会生活するうえで、生活の糧を得るために社会の運営に必要な役割の技術を身につける。
日本は大学まで基本は一般教養で専門職の知識や技能は別の専門学校で学ぶ。

だから実際には理科系の技術者志望の人は企業でも商品開発などの部所に配属できる。
文科系の学びをした人は人間相手の営業活動か社内のマネージメントに着くが、
基本的には専門知識を習得したわけではないから会社に入社して学ぶ。

大学は出たもののどんな道にどんな専門的な技能を身につけて、
どんな仕事がしたいか自分で決められなかった自分が居た。
意志でなく縁で現在の石材業をしてるのが事実だ。
自分の人生の判断基準は「意志」よりも「縁の力」のほうが強いと断言できる。

実に受身で脆弱な人間だ。
だからこそ強くなりたいと自分に目標を課し、
肉体的にも知的にも気持ちの上でも自分を抑えて自分なりに努力を重ねた。
そして他人から見て「善」なことに邁進した。
しかし、60歳前に大病を余儀なくされて自分を顧みる機会を得ることになった。
言い換えると「自力」より「他力」に助けられていた事に気づきだした。

仏教は「聖道門」と「浄土門」の二つの学びがある。
聖道門は禅宗のように難行苦行して坐禅をして境地を開く方法だ。自力本願だ。
浄土門は浄土宗や浄土真宗のように易行と言って誰でも簡単にできる「念仏」を唱えるだけの他力本願だ。

「歎異抄」に「善人なおもて往生をとぐ。いわんや悪人をや」という言葉がる。
これは日常の常識的な善悪を言ってるのではなく、
善人と思って「念仏」を唱えてる人(自力本願が抜けてない)も往生します。
悪人とは「念仏に」関係ないと思って生きてる人のことで、
そんな人こそ他力(阿弥陀さん)が救ってくれるというのである。

この解説は解説で理解できるが、
どうもすっきりした達成感や充実感が湧いてこないで、
宙に浮いて腰が定まらない感覚になる。

ところが親鸞はそれでよいのだと言い切る。

人間は元来、煩悩具足を捨て去ることはできないと言うのである。
「念仏」によって人間がとことん愚かである事に気付かされるというのである。
気付いたら生かされてることに感謝する。
今までの「善」でなければならないという張り詰めた緊張感から開放され、
現実が見えて、縁によって生かされてることに喜びを感じるというのである。

他力とは他人に依存する事でもなく、意志で損得、好き嫌い、善悪で利己的に判断するのでなく、
天から与えられた命に感謝して、自らの意志を超えた処の「縁」に従った生き方だ。

阿弥陀仏が主体で自分は受身。
人間の弱さや愚かさを照らしだされて、自分を隠さないのは実は強いのだ。
人間を帆掛け舟にたとえると帆を張ることは自分でするが、
水の上を風が帆に当たり進めてくれるようなものが他力だ。

自力は目標もある自分という肉体を通じて感覚や感情も躍動する実感もある。
一方他力はもやもやとした中途半端な立ち位置だが同じ目線になり共生が実現する。

親鸞は弟子は一人もいないと、同じ目線で平等な立ち位置にいて、上下関係がない。

こう考えると諸子百家時代の最後の「韓非子」をが思い浮かんでくる。
荀子の弟子だった韓非子は孔孟の「性善説」と違って「性悪説」という立場をとり、
人間を統率するのに人間を信用してないかのようにルールを作って統治する。
秦の始皇帝は「韓非子」を絶賛して戦国時代をルールで統一したが、
わずか15年しかもたなかったのも事実だ。(次は漢の法三章)

ほんとに韓非子は人間を信じていなかったのかというと違う。
親鸞のように煩悩具足の人間は状況によって、善にもなり悪にもなると見抜いていたのだ。
それを「性弱説」という。
人間元来、弱いからこそ悪を犯さないためにルールを強化したのである。

自力本願は自分を正当化し、自分と同じでないとだめだと教条的になり傲慢になる間違いを犯す。
他力本願は愚禿親鸞というよう煩悩具足が捨てきれない人間を自覚する実在主義で平等主義だ。
社会の中でどんな役割であろうが人間同士は煩悩具足を捨てきれず、
平等であるから共に生き共生が実現できる言うのである。

皆さんは縁を一番にしますか?それとも自分の意志を一番ですか?

2017年06月07日

三福田の話し

仏教の教えに「六波羅蜜」という教えがある。
「智慧、精進、持戒、禅定、布施、忍辱」の六つの徳目だ。
恩師小田切先生は
1.学者は365日真理の探究でこつこつ精進して知恵を磨く
2.軍人は武器を持ってるから持戒して心が偏らないで無心にしないと戦争に成るからこの徳目を磨く。
3.商人や経済人は自分を耐え忍んで他人に布施することだと教えられました。

御釈迦さんがこの布施をどんな人にするかということをわかりやすく解説されているので紹介する。
ドロボーが家に侵入するのに難儀だから手助けするのが布施ではありません。

明確に親切にする相手を三田(悲田、恩田、敬田)の三つだと表現されている。
1.悲田=本当に困ってる人
実際にある人が困っているから在庫の品を買ってやってほしいとある雑誌社の編集長から頼まれ、在庫も確認し約定書も弁護士に作ってもらい印鑑証明まで貰った。
ところが一週間後に行方不明になりお金も返ってこない、
在庫は他者に差し押さえられていて取れないといことになった。
ほんとに悲しいのはこっちだ。
実はこの決断のときに欲(私心)が入っていた事は確かだった。
本音では助けるより儲かるとおもってた自分がいた。
その後は自分の欲(私心)無きことを自問自答するようになった。

2.恩田=ご恩を受けている人
先日も恩について書きましたが、
社会にでてからの恩師は小田切瑞穂先生と弁護士の岡田和義先生だ。
小田切先生は理論物理学の教授で、私が二度目に就職した会社の顧問としておられた。
社員に講話もなさっていたが大変難しい内容で近づきたくなかった。
あるとき呼び出されて話しようということになり、
そこで唐突と「君には目に見えない精神の柱がない」といわれ、
返答に困り「ではどうしたらできるんですか?」といったら、
先生が主催する「東方学術院」で一緒に学ぼうと近畿地区の世話役をさせられた。
お亡くなりになるまで20数年つきに一回会社に来て教えを受けてきた。
事業をどのように運営するかもわからなかったので、
社会学を学びに月に一度行かせていただいた。
この先生にも20数年学んだ。
あるとき先生方に恩を返そうと「何かお返ししたい」と申し出たら、
両先生は「これからの人たちに学んだことを伝えてくれえればいい歴史だからね。」ということだった。
まだまだ未熟で充分理解もできていないのだが、
自分なりに噛み砕き社内外の人たちに伝達させていただいている。

3.敬田=敬いに値する人
他にも多くの師、友、家族、仲間がいる。
私は年齢に関係なく、自分にないものを持ってる人を尊敬する。
それは単に技能や知識でなく、生まれ持っての性質のよさや身振り態度で尊敬する人もいる。

この三つの行動をすれば、この種まきは必ず自分に返ってくると御釈迦さんは言ってるんですね。
「善」の種をまく生活習慣を創る事が無意識にできたら心も浄化される。

稲盛和夫さんは人間の基本は利己心です、
だから仕事するのに少しでも利他行して心を浄化する事だとおっしゃる。

特に事業に携わるものは原理原則に従い、公明正大に行動して、
利益を上げ、公(社会)に尽くす。
それは正当に税金を払うことだとおっしゃる。
これは建前だと本気でやることではないと心得違いしてはなりませんね。

一般に社会における信用とは嘘をつかない、約束を守る、言行一致する人や会社のことを言う。
本当に当たり前のことを当たり前に実行する事が物心両面の幸福実現の近道だ。

皆さん御釈迦さんの比喩表現どう考えられますか?

2017年06月06日

感謝の心が多ければ幸福が増す。(松下幸之助)

松下幸之助さんは感謝の心が多ければ幸福が増すというのである。
感謝するためには具体的に何に感謝するのかを決めねばならない。
出遭った人なのか、出来事なのか、言葉なのか、社会環境や自然環境なのか?
抽象的だが哲学や仏教との出会いや、師との出会いもある。

原因を知る心=恩である。
仏教では恩は三段階に進化すると教える。
1.第一段階は「知恩」=自分が支えられてる事に気付くことだ。
両親、今の家族、友人、先生、仲間、自然環境
日頃当たり前と思ってることばかりだ。
2.第二段階は「感恩」=支えられてる事に気付けば、ありがたいという感謝の気持ちが湧く、
これを感恩という。恩を感じたら、
3.第三段階は「報恩」=自分を支えてくれた人にもがんばろうという気持ちになることを報恩という。

報いるというのは恩に気づき、恩を感じるから自分も同じように誰かに何かを施したいということになる。
しかし、自分は他人に対してどう構えるかを江戸時代中期の中根東理が「東理新談」に、
「施して報いを願わず、受けて恩を忘れじ」と本来の布施のあり方を説いてる。

布施とは一方通行であるから尊いのである。
現代のようにギブアンドテイクではない事だけは確かだ。

私は人間とは何かということに関心が深かった。
一番の恩は中学三年生のときに出会った堀先生だ。
この先生は私学の高校を滑って、公立の高校受験をしなければならなかったとき、
放課後毎日二時間勉強を見てくれたおかげで入学できた。
二番は大学のゼミの先生だ。
私が入社6か月で会社をやめ、再就職に困っていたとき、
会社を紹介してくれ、社会人として再出発できた。
また出会った社長に事業のいろはを教えてもらう機会を作っていただいた。

その後もまだまだある。
両親や困ったときに助けてくれる友人、家族や信頼できる仕事の仲間、
それに最近は春夏秋冬をめくるめく運行する地球、
それにその宇宙のメカニズムが入ってる身体に感謝だ。

もっともっと感謝を心の中にいっぱいにして幸福感を味わいたい。

皆さんは何に感謝されていますか?

2017年06月02日

成果を得続けるには

元アサヒビールの福地茂雄社長は「顧客満足はゴールのない駅伝競走」と語られていた記事を見た。
実に簡潔に事業に挑戦する姿勢は価値創造だと断言される。
1.価格競争は誰でもできる。価値競争は無限大で智慧のある人が参加する。
2.ウオンツは足元にある。お客さんから聞くことだ。
3.感謝から感激・感動の日本式の製品・サービスがないとだめだ。(期待以上の価値を求められる)
4.聞き上手に徹し情報力を張り巡らし異業種と交流する

最後に顧客満足にゴールはないと、
「心は形を求め、形は心を進める。形に心を入れることだ」

私たち仕事をするものは単にモノを売ってるのでなく、
モノに心をこめてお世話させていただく事が一番重要だ。
(仕事は人間から人間へだ)

自由な社会では競争と信用の二つが大事だという。
1.競争が価格でモノに重点の時代(利己心のむき出しの競争)
2.信用は会社が中心の時代(個人は無責任)

利己心がむき出しで肯定された時代であったが、
情報化社会になり、情報が誰でも手に入るようになったので、
個人と個人の信頼関係がスマホやインターネットで「時と場所」を瞬時に超えて関係ができる。
従来のような会社が信頼できるかではなく、
個人の人間性が問われ自己責任の社会になってきているのが現実だ。

個人が自由にネットに情報を流される時代、
ネット通販で取引が為され、騙された人も多く出ている。

ほんとの意味で人間力がいるし、人間を見抜く眼力を養う必要がある。
若くて体験が少ない人にとっては世の中を生き抜くのが恐怖な時代でもある。

私は人を見抜く眼力がないので、判断するときは「私心」をなくすことにしてる。
これもなかなかコツがいるが、毎日意識的に自分に言い聞かせないと自分の偏ったモノサシで事実が曇る。

これからの社会は、物質文明から精神文明へ、理性文化から感性文化へ、
民主主義の多数決から互敬主義へ世界は変わって行き進化すると断言されるのは芳村思風先生だ。

皆さんは変化する世の中で成果を得続ける秘訣いかが考えられますか?