社長ブログ

大阪石材株式会社 伯井です。

フィード

RSS 1.0

2018年03月06日

グローバル化は志縁の時代

人類が狩猟採取の時代から農耕の時代を経て、
産業革命が起こり機械化の時代となってきた。
現代はモノを作る機械化でなく、人間と同じ仕事のできるAI(人工頭脳)化、
にIoT(モノのインターネット化)へ電化製品がどんどん情報を処理するようになってきている。

社会は血縁で固めた時代から、地縁を大事にした時代をへて発展し、
日本では戦後急激な発展を遂げたのは、終身雇用制と年功序列賃金による構造があった。、
それが、会社の縁、社縁を大事にし一丸となって働き、家族のように社風ができ、
大家族経営がなされてきた。

私はこれをさらに細分化した京セラのアミーバー経営が良いと考えてる。
その経営方針によって、世界を驚かす生産力を身につけ、
ごく最近まではGDPが世界第2位となり、(今は中国が第2位)、
製品の品質も「メイドインジャパン」は世界に愛された。
ところが、アメリカのシリコンバレーで生まれたIT技術によって、
具体的で簡単な操作のできる「Windows95」が、1995年に販売、普及しだして、
世界に劇的な変化が起きたのである。

さらに進んだスマホの登場は、個人間の信用関係が世界の仲間と
一瞬にできるように変貌した。
パソコンの前に坐るだけで世界のどの国へでもいけることが実現されたのである。
しかし、これは既存に築き上げてきたリアルな人間関係(サプライチェーンも)が
崩壊していく過程でもある。

インスタ、FBといったSNSが普及し、商品の購買の方法も変化し、
メーカー、卸、小売といった、縦社会のヒエラルキーがメーカー即消費者へと変化してる。

町内会やムラ共同体の情報交換が壊れ、会社を信用して買っていた商品を、
自分で情報を集め、判断できる位に情報があふれている時代になった。
メルカリは個人間の信用の市場だが不正や約束を守らないで支払いしない人もいる。
そうなれば、情報を調べ、実際にリアルな実体があるか確認する必要がある。

さて、社会では分業して生産性をあげれるし、機械を開発すれば、
もっと早く生産できることは間違いない。
これはモノとしての側面である。効率を求める合理性の世界だ。
生産性をあげて生活を確保するのも働く事だが、
社会が血縁の関係を重点におく時代でもなく、地縁の関係でもない。

会社の社縁という絆も崩壊しつつあるのが現状だ。
会社の行事の飲み会も若者にとっては参加したくないというような流れがある。
では、社縁が物理的な繋がりから、一歩踏み込んで質の議論をすると、
やはり社会に貢献し、喜ばれ「有難う」を言ってもらう利他行(お役立ち)といった、
志を共有する集団、言い換えると「志縁」へと飛躍する時期が来てる。
宗教のような教義を重んじるというものでなく、
公共の利益を共有すること、利他行という志を共有する事だ。

私たちは「石材」を扱っているので、
石材を使っていただき喜びを味わう商品サービス、
技術提供をするという「志」を共有するという事で買っていただく人、
世間(社会)も繁栄する。勿論業界も、さらに自然とも共生できるような工夫をする。

そんな使命、志を持った集団として仕事の具体定とともに、仕事の品格を深め磨くのが
「志縁」だ。
仕事を通じて人間も磨け、生活も安定し、物心両面が幸福になることが実現される。
単に利益を設ける集団では半分は正解だろうがすべてではない。

二宮尊徳流に言うと、
「自利のない利他は偽善者 利他のない自利は独裁者」
三方良しの「志縁」がこれからのグローバル化の時代の社会集団のあり方だと感じる。

皆さんはいかが考えますか?