社長ブログ

大阪石材株式会社 伯井です。

フィード

RSS 1.0

2018年01月06日

陋規(ろうき)が失われてる時代

水戸黄門や鬼平犯科帖(池波正太郎作)の時代劇を好んで視るが、
家族は誰も視ない。
それどころか、これからの若者は誰も視ないとまで断言される。

実に悲しい思いがする。
それは陋規が失われるからだ。

お母ちゃん、お父ちゃんで育った全くの庶民育ちの私にとって、
民のために政治をする人たちは道徳的に綺麗でなければ納得がいかないのが普通だ。

政治を行う支配階級の人には清規という表向きの道徳を守ってもらいたいのが望みだ。
しかし権力を手にすると利己心が働き自分の利益誘導して汚職をする、
賄賂を貰うという人がでてくるのも現実だ。

時代劇では海鮮問屋「〇〇屋」と組んで密輸をそそのかし、
賄賂をとる悪代官をこらしめてくれるのが水戸黄門だ。

ストーリーは「この紋所が眼にはいらぬか?」の決め台詞で、
「角さん助さん懲らしめてやりなさい」となって捕らえられる。
この場面を見て悪は必ず滅ぶと胸がすっきりする思いになる。

さて、清規とは喧嘩をしない、親孝行をするといった表向きの道徳だが、
陋規とは裏の道徳だ。

1.弱いものいじめない
2.喧嘩は一対一で素手でやる。
というように、卑怯な真似をしない。

義賊と呼ばれるねずみ小僧は盗賊には違いないが、
1.女性に乱暴しない
2.貧しいものから奪わない
3.放火をしない
4.盗みはしても人を殺さない
という人間としての暗黙の掟がある。
任侠道では「仁義」という。

民主主義が発展し個人の権利を保証する社会ができているのはいいことだが、
その裏側の義務を果たす道徳が失われているように感じるのは私だけだろうか?

日本では「恩は石に刻め、情けは水に流せ」ということわざがあるように、
お世話になったら「恩返しする」というのが暗黙の掟だった。

ところが西洋的な権利と義務という論理の世界がまかり通って、
義務先行の考え方が失われ、陋規が失われている。

昔は良かったなどと感傷的なことを思ったり、昔に帰れとは思わないが、
新しい庶民の陋規を構築する必要を感じる。

それがFB、インスタといったSNSというコミュニケーション手段で拡散していけば、
日本はもっと素晴しい国になることは間違いない。

世界の先進国が日本人を素晴しい民だというのは、
大きな自然災害を受けても暴動も起こらず、助け合い支えあえる空気があり、
我先にと醜い争いも起こさない事実を見るからだ。

眼に見える世界での共有でなく、
眼に見えない雰囲気や空気を感じ、
その場を共有できる世界で唯一の人種である事を誇りに思う。

だからこそ、子々孫々に清規と陋規の道徳観を伝承するのが、
今を生きる者の義務だと察する。

皆さんは陋規をどのように伝えてますか?

2017年12月25日

事実を直視する

森信三さんは「真理は現実のただ中にあり」と表現される。
人間の本能は自分を守るようにできているから、
自分のとって都合の良いことなら現実を受け入れるのが一般的だ。

問題は自分にとって都合の悪いこと、
簡単に言うと感情的には「嫌いなこと」
理性的に言うと「損すること」の現実は直視したくない。

しかし、肉体的に未熟な、よちよち歩きのときに助けてもらった両親や、
お世話になった友人や精神的に支えていただいた恩師に対して、
「恩返し」するのが人間としての人情だ。
もっと視野を広げると道路や、鉄道を利用する事でいろんな事ができる。

これは特定の人でなく社会という大きな援助があってこそであるから、
社会に「恩返し」するという事になる。

人間は不完全な存在で一人では生きられないのである。
お互いが助け合って相補的に生きているのだ。
ところが、人間は自分を中心に考える相対的なものの見方もできる。
すると、競争することが発展という考えもでてくるのである。

現実の現象から物事を捉えるとそれも致し方ない。
地球の持ってる宇宙の法則は「競争」ではなく「調和」を自動的にするシステムなのだ。
常に調和にベクトルが向いているのである。

人間はこの本質に立ち返れば相補的に調和へ向かい生きる。
それには理性×利己心(保護本能)が課題になる。
この課題をどう自分が受け入れ昇華するかである。

ノーベル文学賞を貰った日本人の「かずお・いしぐろ」は、
「人間はね。ただ嘘つくんじゃないんです。
 何か隠しながらつくんです。そして事実を直視しないようにする」

仏教では「善悪無記」物事を損得好き嫌い、善悪を分別しない。
そのまま事実を受け入れることを諭すのである。

良いことが起これば調子に乗らず押えて行動する。
悪いことなら、必死になって知恵を働かして行動し、切り抜ける。
ただそれだけである。

もう一つ諭してるのは「慈悲」だ。利他行だ。
この二つを毎日こつこつやり続けることだ。
そこに光は必ずさすというのである。

白隠禅師の言葉に「直指人心 見性成仏」という言葉があり、
人間でありながら仏となるというのである。

しかし、遺伝子は利己心だから自分に対して徹底して習慣化する必要がある。
事実を直視して楽しく生きたいものだ。

皆さんは事実直視する事どうされてますか?

2017年12月24日

「産業革命」と現代に思う

戦後日本の製造業の製品品質が世界一になったのは、
エネルギーが石炭から石油に転換する時代背景で資源がなかったからである。

今も状況は同じだが、世界の石油事情はアメリカが生産を増やした事により、
中東やロシアの石油の価格が上がらない状況だ。

1750年代はヨーロッパではフランスやドイツが先端を走っていた。
ところがイギリスは人件費の高騰で大変で、
人件費の安いインドや中国から製品を輸入せざるを得なかったのである。

実に今の日本に状況は似ている。
平成8年ごろからデフレ現象が続いて、経済はひたすら人件費の安い中国に頼ってきた。
中国は世界の工場を目指し経済的に発展してきた。
「一国二制度」’政治は共産主義という独裁で経済は自由主義を標榜している。
政治的強制力がものをいって発展し続けている。(中味の実態が正確に解らない)

当時のイギリスが採算に合っていたのは石炭がエネルギーの中心で安かったからであった。
ところが、国は貿易赤字で困っていたのである。
そこで目をつけたのが蒸気機関というエネルギーだ。

今の日本が知恵を絞っているのは「AI(人工頭脳)」のロボットであり、
IoT(製品のIT化)である。
少子高齢化は需要そのものも縮小し、労働人口も年40万人が減少する現実がある。

出版業界の需要は10年前の25%ダウンの1兆4709億円、
百貨店は6兆9000億で20年前10兆弱だったものが減っているのである。

政府は「働き方改革」と言って労働時間を短縮し、
企業に3%の賃上げを要求するといった政策を突きつける。

人気取りの教育の無償化という美名の下に環境税や出国税を国民に課す。
政治は志とビジョンがなければならない。

財政基盤が1000兆近くの借金があり、構造上高齢化は年金受給者が増えることだ。
具体的な現実と向き合い同時に、国を支える人材教育のあり方が問われる。
今のように弱者保護の政策では行き詰る。

スウェーデンは課税も独身者には高く、子育て世代には安くしたり、
自立を促すために教科書には福祉国家を維持するには、
自立した課税者になることと教えし、
18歳になれば家族とはなれて生活する仕組みという強制力もある。
(昔の日本の武士なら15歳で元服という儀式が合った)

大阪は緒方洪庵(岡山出身)が荘子・大宰師篇にある、
 「他人に役せられず
 物に役せられず
 己に適するところを適とする」
意味=いかなるものにも制約されず、己の確信する道を行く。

自主独往の精神を理念に「適塾」となずけられた。
医学から学ぶ蘭学であった。(現在の大阪大学の始まりである)
勿論福沢諭吉もここの出身だ。

大阪は天下の台所といわれた江戸時代には経済の中心で合ったし、株式市場もできていた。
最近ではシャープの早川さんやパナソニックの松下幸之助さんの創業者精神が息づく都市でもあった。
是非、この大阪が末来への発信基地として産業革命を起こしてほしいと願い、
自身も業界革新を巻き起こしたい。

皆さんは産業革命、大阪発信になるとおもいますか?

2017年12月20日

情報脈と人脈

1970年代の田中角栄総理時代に立花隆さんが、
角栄さんの「人脈・金脈」を暴いた。
その後「ロッキード事件」で逮捕され政界から失脚した。
現代でも政治と金の問題はいつも縁が切れないようだ。

現在の日本は情報化社会だ。
今の世の中では一番大事なのは情報だ。
この情報の量を拡大したのは1995年のWindows95の登場だ。
最初は広告程度だった使い方からHP上の無店舗販売や通信販売へと進化していった。
リアルな店舗のシェアーがどんどん奪われていく時代になった。
(スーパーの台頭で商店街がシャッター街になったように)

さらに進んで「メルカリ」のように個人と個人が取引する第三の市場もできてきた。
商品の購入者はHPで情報を集め、リアルな店舗を見てだまされないようにチェックする。
従来の友だちや近所の人、親戚の代わりに、
「メルカリ」のような個人間の口コミの信用が重視される。

従来と違うのは、
1.全国的情報で都会の情報にあこがれ真似するのでなく独自にアレンジするために
 集める情報。
2.地域からの発信を重要視し、個人の音楽好きな仲間、映画好き、といった
 自分の生き方や表現方法に合うものを選び取り、自分なりに進化させる情報を求める。
3.国、都会、地方、村、家の最後に個人があるのでなく、
 個人があり、同じStyleの生き方の人を全国をネットでつなぐ情報の取得方法だ。

インスタ映えといわれるように、LINEやSNSが主流になっていく時代であることは
間違いない。
如何に地域の情報を細かく熟知し、それを個人の生きかたの重要なものに組み替える。

大阪石材の南大阪店でバイクの実物大のお墓を展示していた。
ある人がそれをSNSに上げてくれたら、6ヶ月経つが、
名古屋や九州からも一度見たいと富田林の展示場にこられる。

日本人は大会社は嘘をつかないと信じてる。
また本に書いてることは嘘ではないと思い込んでいる。

HPも公開されているから嘘はないように最初は思ったが、最近は違う。
返品可能な商品を買う。

相次ぐ大会社の不祥事で信用が失墜してる。
本や新聞といった活字信用も報道のやり方で偏り、中味の真実を読み取りにくい。

私は昔から時代に多く読まれる本、古典でも再版数の多い本を解説してもらう読書会を、
45年来二ヶ月に一回主催してやってきた。
中国古典や、論語、易経も学んできた。
できるだけ情報を多面的に見るための「情報脈」を作ってきた。

一方、成長力が鈍化した先進国の金融緩和が続くところでは、
「金脈」よりさらに「情報脈」が世の中を生き抜くために重要だ。

どんな時代にも必要なのは世の中作っているのは「向う三軒両隣」と草枕にあるように、
ただの人の集まりであるから、根本は「人脈」である。

私が大学をでたときは27枚の年賀状を出すだけだった。
50年前には恩師竹内先生は1,000枚出されていた。
その真似をして、名刺で挨拶した縁を大事にしてきた。

今は1,400枚ほどの暑中見舞いと年賀状を出させていただいている。
私の「人脈」だ。
人間は人間の中で磨かれる。
「人脈」こそが私の宝だ。

皆さんは「情報脈」「人脈」どのように形成されていますか?

2017年12月13日

「人間力」について

自分の人生を自分で生きる。
「解りきってる」と答えられるのが普通だ。

芳村思風さんは人間の能力(スキル)だけでは不十分だというのだ。
「人間力」を身につけることが大事だとおっしゃる。
人間を大まかに分けると三つでできている。
1.身体(肉体)
2.頭(思考力・意志力)
3.心(眼に見えないが愛・利他力)

 1.身体は運動と睡眠と食物を得ることで維持してる。
 2.頭はもっぱら知識を吸収する事で理性を発達させ判断力や決断力創造力を育てる。
 3.心は愚かで怠け者で欲張りの自分を自覚し、他を愛し役に立つ事を喜びにする
   心を創る。

思風先生は「人間力」を高める。
人間力の内と外に分け、統合する心の二つの力で結ぶと表現されている。
1.内的人間力
  理性に基づく知力
  感性に基づく気力
  肉体に基づく体力

2.外的人間力
  政治力=言葉の魅力、自分の一言で何人が動くか
  経済力=現実の経済システムを熟知しそれを使いこなす力
  教育力=人を育てる

文化力=仕事もできるが他の文化的な力があること。信頼、親しみ、心服
軍事力=危機対応能力ー危険から守れる力危険対応のできる力

3.この上記二つを結ぶひもになるのは
  1.意志の力=やり続けるという信念と忍耐力
  2.愛の力(利他力)=他に役立つことが生きがいという心の力、
  3.命の力(他とは他人、社会、地球、自然を愛するがゆえに役立つことをする。)

一般には「知、情、意」という表現もある。
一番大事なのは「愛の力と意志の力」である。
自分の欲望のために命を使うのでなく、
自分が行動し働く事で他を喜ばすことに命を使うのである。

論語の中にある「知、好、楽」知ることよりも好きなこと、
好きなことより楽しいことのほうがよいとかかれている。

世の中に楽しいものがあるのでなく、自分で楽しくするのである。
とにかく主人公になって楽しくワクワクうきうき毎日が過ごせるハイブリッドな人間力を作り上げる事だ。
それが「自分の人生を自分で生きる」という意味に違いない。

禅では「随所に主なればいたるところ真なり」という。
決して好き勝手したい放題する事ではなく、
自分を自分で磨き続けることだ。

私に置き換えると思風先生の言葉を読み「無知の知」を思い知らされ、
まだまだ行動がたりない怠け者の自分を突きつけられる思いだ。

皆さんは思風先生の人間力の全体像いかが思われますか?