お墓の質問と答え

Q:お墓の内部はどうなっていますか?

A: お墓のかたちや地域により異なりますが、基本的にはお墓の内部(下部)に納骨室と呼ばれるお骨を納める部屋があり、納骨室の底は、基礎などをせず、土の状態のままになっています。

基礎をしない理由は、火葬場からお遺骨をもって帰られる際に壷に納めてきますが、関西では、そのお骨を壷から「さらしの袋」に入れ替えてお墓へ納めます。年月とともにさらしとお遺骨は風化して土に還ると言われております。
これは、お骨を"自然に還す"という意味があります。