お墓の質問と答え

Q:五輪塔って何ですか?

A: 主に鎌倉時代に普及し、現在は先祖の供養塔として建てられているお墓のことです。

宝珠・半月・三角・丸・四角の五つの石を組み合わせたお墓です。詳しく書くと大変な文字数が必要になりますので、簡単に申しますと、仏教(主に密教)で言う宇宙を構成する五大要素「空・風・火・水・地」を表したものといわれています。また五十回忌、もしくは三十三回忌を過ぎて「成仏」したご先祖を祀るものともいわれます。

五輪塔に彫刻する文字については各宗派により違いがありますので、注意が必要です。 供養塔としての五輪塔を墓地の向かって右に。お骨を納める代々墓をその左側に配置してお墓を建てるのが本来のお墓の形であると言う方もおられます。

2018年03月19日 | お墓の形や石の種類