お墓の引越し・リフォーム事例

切削・磨きなおし の一覧

2014年07月04日

お墓の引越し

引越し前
BEFORE
→
引越し後
AFTER
引越し前
BEFORE
→
引越し後
AFTER
タイトル お墓の引越し お墓の移転

「戦争で受けた爆弾のキズ」を残しておきたいお墓を、佐賀県から大阪府高槻市へ移転しました。

正面のみ、切削し、彫りなおしました。側面は戦争での爆弾のキズを残しておきたかった為、あえて切削しませんでした。
現代の若者たちに知ってもらいたい。忘れてはいけないものだから・・・

2014年05月17日

お墓の引越し

引越し前
お墓の引越し前 お墓の移転前
→
引越し後
お墓の引越し後 お墓の移転後
タイトル お墓の引越し お墓の移転
高倍率のなか、見事に公営霊園に当選され、奈良県のお寺の墓地から大阪府の公営霊園へ、お墓の移転を決意されました。

今までよりひとまわり広い墓地に当選されましたので、巻石で墓地を囲んで前庭式にして、その中に以前の墓石を巻石も含めて設置しました。舞台式のような立派な形になり。とても満足いただけました。

また、石碑を切削と磨き加工にて新しく文字を彫りなおし、巻石も洗浄いたしました。

2009年07月05日

お墓のリフォーム

リフォーム前
お墓のリフォーム前
→
リフォーム後
お墓のリフォーム後
タイトル お墓のリフォーム

◆墓石の傾きなおしと磨きなおし◆

月1回のお参りは欠かさずされるほど、お墓を大事にされています。
お墓の傾きを気にされていました。
せっかく、基礎からするならという事で、磨きなおしもされました。今まで彫られていなかった法名の追加彫刻。色の入れなおし。ステンレスの花筒も新調されました。

2009年05月16日

お墓のリフォーム

リフォーム前
お墓のリフォーム前
→
リフォーム後
お墓のリフォーム後
タイトル お墓のリフォーム (切削、磨きなおしと家紋彫刻)
 最初のご相談は、彫刻が浅く家紋が見えにくいとのことでした、お墓を建てた石材店に相談に行かれましたが、「これはこんなもんですよ」と取り合ってもらえなかったと、当社に来られました。
  家紋が彫られていた部分を一度切削し、磨きなおした上で家紋を立体彫刻で彫りなおし、さらにおまいりのときにロウソクを立てるところがないとのことで、防風灯篭もコンパクトに追加することが出来ました。

2009年05月15日

お墓のリフォーム

リフォーム前
お墓のリフォーム
→
リフォーム語
お墓のリフォーム
リフォーム前
お墓のリフォーム
→
リフォーム後
お墓のリフォーム
タイトル お墓のリフォーム お墓の切削・磨きなおし

お墓の切削・磨きなおし

お施主様の想い、営業担当の想い、加工担当の想いを自分の想いとプラスして施工させていただきました。元の状態を知っているので、その変化に驚きました。またこれから何十年、何百年と大切に守っていっていただきたいと思うお墓に仕上がりました。 (施工担当:田中)

2枚目の写真は竿石のアップです。
石の風化やノミ切り仕上げの表面で凹凸があったので、全面切削をしてから磨き,文字も新しく彫りなおしました。大きさは一回り小さくなりましたが、石の本来持っている色が出て、良い仕上がりになりました。(加工担当:澤田)